ガーデニングを買うならココ | セレクションゴールドの「口コミ」は大好評 |

多すぎると窒素過多になるのか、春や秋はうどんご病に罹りやすくなるので注意が必要。真夏と真冬以外は、毎月一回、鉢の号数ぐらいの数を目安に置き肥えしてやれば、コンスタントに花付きが良くシュートの発生もいい。お高い肥料ですがメインは春先重視でその後は他社の置き肥や有機肥料に切り替えています。

6月24日 オススメ商品!

2017年06月24日 ランキング上位商品↑

ゴールド セレクション ガーデニングバイオゴールド セレクション 肥料 薔薇 バラ 3.8kg 肥料 植木鉢 鉢 バラ ばら 薔薇 園芸 庭 ガーデニング 家庭園芸 バラの肥料 薔薇の肥料

詳しくはこちら b y 楽 天

袋の裏に書いてある標準の使用量よりずっと少ないですが!この方が肥料過多にならず!うどんこ病が出にくいです。お写真は、そうしてさせた我が家のピエール・ドゥ・ロンサールとコンタンス・スプライです。地植えだけでも100株くらいあるので。2月中旬にゲンコツ剪定した鉢からも今はたくさんの新芽が出始めています。それで寒肥を施した場合と同等の効果があることを5年も実証してます。この他の肥料分としては、元肥えとしてバイオゴールドクラッシックを土の中に混ぜ込み、さらに四季咲き種には月一回消毒と一緒にポスポンF(開花促進剤)を葉水散布しています。値段が高いけれど!それだけのことはある。今月初めに2袋注文したのに、秋剪定後の追肥用にアッという間に使い切ってしまった。オールドローズイングリッシュローズ(一部)のバラにはバイオゴールドの土を使用しています。以前は地植えの薔薇やツルバラには、真冬に凍りついた土を掘り返して寒肥(骨粉・油粕・リン酸カリウム・牛フン)などをセッセと埋め込んでいましたが、今は春剪定や植え替え後にばら撒くだけ。バイオゴールドの土は団粒構造がとても良く、水はけが良く酸素の透りも優れているので、その分肥料の保肥力が劣るため、8号鉢に対して30粒としてあります。頑張って販売を今後も続けて欲しい。以前から使用していますが一鉢に15粒以上必要なのを知らずに2粒ずつやっていたら肥料不足で葉っぱが黄色くなってきたため秋の追肥用にあわてて購入。リピーターです♪リンの割合が多いので蕾が出る前に与えています。近くに京成バラ園があるのですが、リピ2回目です。秋剪定の後!まだ暑いのに這いつくばって地植えのバラの周囲に穴を掘って埋めるのなんてやりたくありません。ツルバラには2掴み。でも薔薇のメイン肥料としては、これ以外は考えられない。お値段もするものなので、他の肥料とも併用していかないと続けるのは難しそう。何もしなかったときよりも!はるかに花付き違います。使ってみての違いは分かりませんが、粒が大きいので使いやすいです。地植えのハイブリットティローズの場合は!古い分を取り除く手間は省いていますが!やはり一つかみ程度で少なめですが!これで十分良く咲きます。株元に与えると、土の表面に覆うようになり、肝心な酸素が行き渡りづらくなりベーサルシュートの出が悪くなります。とても良い肥料です♪♪♪いつも使っています。地植えには一株につき一掴みばらまく。ところが一か月以上経った今も、ローズフードは粒が潰れて溶けたのに吸収されない・・どころか白いカビが付いてベタッと固まり、臭いも虫も発生してきたではないですか!ああ、やっばりちゃんと穴を掘って埋め込まなくちゃいけなかったんだと大反省。たっぷりあっても腐らないので安心。特に一番花に向けて芽出し肥として使っています。ちなみに、このブランドの固形は3種類使っています。量はいつも適当ですが花付きよくシュートの出もいいです。バラがたくさん咲いてくれます紹介文がよさそうな商品だったので購入。他の培養土でしたらもう少ししっかりと土が締まった感じになるので!保肥力も上がりますから8号鉢に対して15〜20粒を目安に鉢の縁に与えます。現に私もバイオゴールドから離れつつあります。先程商品んを受け取りました♪バイオゴールドを検索していてこちらに辿り着きました。地植え!鉢植えとも水遣りや雨とともに徐々に溶けてゆっくりしっかり効く。下のレビューにも書きましたが、我が家には400株を超す薔薇があります。おそらく秋の花のお礼肥と冬季の植え替え用を計算するとさらに追加になるかも・・。シュートを出したいものや大きくしたいものについては、その後も使いますが、使い分けする事によりなるべくお金をかけないようにしています。御値段は高く感じましたが!量が多いので高くもないと思います(*^^*)楽しみです♪(^^)バラの肥料にはこれが一番良いと思います。残っているローズフードは、寒肥に回すことにして、やっぱり秋剪定後の追肥には、バイオゴールド薔薇用!これしかないでしょう。地植えの薔薇なら!芽出し越えやお礼肥えには即効性のある化成肥料でもいいのだが!鉢植えの薔薇は化学肥料だと塩基の残留による土の汚染が起こることがあるとされ!毎年の植え替えが必要になるので有機系を選んでいる。どれも安心で結果も一目瞭然です。上から土を掛けたり、取り除いて埋め直す手間が掛かりました。これ一筋です。うちのバラにはいいようです。ただし、バイオゴールドのセレクションバラ用は基本的にはバイオゴールドの土に対しての肥料分量を記載しているので注意が必要です。お値段が高いところが☆-1です。効果も約一ヶ月となっているのもその為です。液肥と合わせてこれで元気になってくれるはず。6月のお礼肥えに!こちらのショップお勧めのデビットオースチン推薦というローズフードを購入して!地植えのイングリッシュローズやツルバラの株元に!そのまま撒きました。毎年この商品を購入しています。つる性のバラには京成バラ園の土、などバラの特徴に合わせて土を使い分けていますが、肥料に関してはセレクションバラが一番綺麗に咲くので、欠かせません。そして改めて!このままばら撒くだけでちゃんと溶け出すバイオゴールドの良さを認識しました。袋の裏に書いてあった使用方法には穴を掘って埋め込むようにとあったんですが!面倒だったし!バイオゴールドも同じ有機系だけれど埋め込まなくても大丈夫だったからローズフードも同じだろうと思って・・・。そうなると!効果も分かりにくいかもしれませんね。なお、こちらのショップでの値段は、3.8kg入り4200円と販売元の株)タクトと変わらない。毎年使っている肥料バラが元気になります。有機系の中でもバイオゴールド薔薇用は、匂いもせず虫も湧かない。自分で増やした挿し木苗や接ぎ木苗はもちろん!鉢バラにも地植えにも生垣にしているツルバラにも!原則この肥料を使用してます。我が家には現在、地植え・鉢植え・生垣・温室と400株を超す薔薇がある。根巻きしないスリット鉢と組み合せれば!鉢の植え替えは最小限で済む。大量使用がもったいない場合!これを少量水に溶かしてまいても効果があるらしいのですが!鉢の下に茶色い水が出て汚れるのでやめました。肥料としての良さは今のところまだ分かりませんが!鉢でたくさん育てているので!粒が大きく肥料をあげたあげてないが目で見て分かりやすく!少しずつ小さくなっていってなくなった頃が次のタイミングかなと非常に管理が分かりやすくて気に入っています。特に最初の年は信じられない思いでしたが!感激したことを覚えています。手間と効果と衛生面を考えれば代替え品はないと実感しました。3月に開始し、4月の芽出し肥え、5月花が色づいたらいったん中止して、また花後のお礼肥えとぼぼ毎月一回、古いものは取り除いてから追肥してます。バイオゴールドシリーズに書かれてる「バイオゴールド販売のお知らせ」は私も賛同。(;^_^A先ほど確認したら!もう今年に入ってからトータルで12袋目だということに気が付いた。。高いですけど!これからの季節!バラたちが華やかになるのが楽しみです。元肥は去年から他社へ移り、今回バイタル1本購入したけど次はないと決めてるし追肥も今は他社のと隔月で使い、後釜を探してる最中です。昨年14袋購入しましたが!春剪定の時期の時期を迎え!またまたお世話になります。一株で100個以上も咲き揃う大型のツルバラには30個以上ばら撒きますが!鉢バラには原則鉢の号数分(8号鉢なら8個)を置き肥えにしてます。